【1993七夕賞】逆噴射無し!稀代の逃亡者ツインターボの大逃げ!

 

強いだけが競馬ではない。ツインターボは負けの美学を持ったまさに稀代の逃げ馬であり、代名詞ともいえる競走馬でした。 牡馬であるにもかかわらず400kg~420kg台とかなり小柄で、レースの映像を見てもで走れば周りの馬より一回り小さいのがよくわかり、その小さい体で大逃げを打つ姿がこの馬の人気に拍車をかけたのかもしれません。

ツインターボはデビュー時から逃げを打ち、デビュー戦で逃げ切り勝ちを収めます。これは普段はおとなしいものの人がまたがると反抗する気性難によるもので、ここから一貫して逃げを打ち続けます。旧6歳時の重賞連勝の印象が強いため晩成と思われがちですが、意外にも旧4歳時にラジオたんぱ賞で重賞初勝利を挙げています。

とにかくツインターボは道中でもまれると競馬にならず、しかも引きつけての逃げだと臆病な性格のため走るのをやめてしまうようなところがあり、とにかく逃げ、しかも後続馬がついてこれない ようなハイペース大逃げを打ち、後はどこまで耐えられるかというレースぶりの馬でした。 当然、そんな無謀なレースぶりで勝てるはずもなく、向こう正面で大差をつけるものの3コーナーあたりで逆噴射し後続に飲み込まれていくというのが様式美でした。

しかし、競馬ファンは向こう正面から3コーナーに大差をつけて入っていく大逃げ馬に「ひょっとしたら勝ってしまうんじゃないか」というほんの少しの夢を託してしまうものです。そして、ツインターボは1993年の七夕賞・オールカマーと、なんとその夢を2連続で見させてくれた馬でした。

特に七夕賞は逃げ馬が4頭も出揃っており、明らかにオーバーペースが予想されるレースでしたでした。こちらもなんとしても逃げたいマイネルヨースを好スタートから振り切り、荒れた馬場で前半1000m通過が57秒台というとんでもない超ハイペースで競馬を進めます。2番手集団もハイペースでの追走となったため3コーナー過ぎで次々に脱落していきますが、新コンビの中舘騎手を背にツインターボは3コーナー過ぎても快調に飛ばし、大差を保ったまま直線を迎えることになり場内は騒然となりました。

直線に入っても、アイルトンシンボリやダイワジェームスと言った人気馬はここまでの追走で脚を使ってしまい差を縮める事ができず。まさにツインターボ真骨頂のハイペース逃げで、後続にも影をも踏ませぬの圧勝劇となりました。

こちらの動画もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。