【1996年天皇賞(春)】サクラローレル、ブライアン・トップガン抑え初G1制覇

 

前哨戦の阪神大賞典で伝説的なマッチレースを繰り広げたナリタブラインとマヤノトップガン。
本番の天皇賞(春)では阪神大賞典を勝利し、復活が印象づけられたナリタブライアンが1番人気に支持されました。レースでは最終コーナーでは阪神大賞典の再現か?と思われましたが、道中折り合いを欠いたいたマヤノトップガンはズルズルと後退。
ナリタブライアンもサクラローレルに差され、2着に敗れました。

こちらの動画もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。