【1998宝塚記念】サイレンススズカ唯一のG1制覇

 

この年の宝塚記念は前年の年度代表馬エアグルーヴ、前年末のグランプリ有馬記念の覇者シルクジャスティス、この年の天皇賞(春)を制したメジロブライト、前年牝馬二冠のメジロドーベルなど、そうそうたるメンツが集まりました。
その中で1番人気に押されたのが、前走の金鯱賞で圧倒的な競馬を見せつけたサイレンススズカでした。しかし、主戦の武豊騎手はエアグルーブへの騎乗が決まっており、南井騎手へと乗り替わりという不安要素がありました。
初騎乗である南井騎手は金鯱賞に比べ抑えぎみの競馬でレースを展開、引きつける逃げとなったため最後の直線でステイゴールドに3/4馬身まで詰められますが、ゴール前再度足を伸ばし自身初のGI制覇を飾りました。

こちらの動画もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。