【1997新馬戦】サイレンススズカデビュー戦7馬身差圧勝逃げ切り

 

1997年、京都の芝1600mの4歳新馬戦でサイレンススズカはデビューを果たしました。このレースでは格のを見せ、2着に7馬身差を付ける圧巻の競馬を見せし、一躍春のクラシックの候補に名乗りをあげました。
この頃からテンのスピードは段違いですね。しかし、馬の方はまだまだまだまだ幼く、経験の無さで次戦の弥生賞はあのようなことに・・・

こちらの動画もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。