【1995菊花賞】上がり馬マヤノトップガン 勢いに乗って菊制覇

 

デビューからダートの条件戦で惜しいレースばかりだったマヤノトップガン。芝のレースに使えるようになってから完全に本格化し、トライアルの神戸新聞杯、京都新聞杯を連続2着で臨んだ菊花賞です。
戦前は混戦の菊花賞と言われており、牝馬のダンスパートナーが1番人気でしたね。

こちらの動画もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。